So-net無料ブログ作成

時計のオーバーホールその1 [ホビー]

オーバーホールというとメカメカした感じなので、時計の場合はオートマティックモデルが
対象のほうが分かりやすいとは思いますけど。

クォーツの場合はどうかというと、歯車を一つも使っていないわけではないので
使い捨てるつもりでないのならどこかのタイミングでオーバーホールが必要になります。

バッテリーをパワーソースとして、モーターを駆動させて歯車経由で針を動かしている。
電池を長持ちさせるためには、小さな力で稼働し続けるようにするためにモーターから先の
部分では軽く動くことが要求されるものですよね。

時間の進み方が遅れ始めるかバッテリーの消費が大きくなってきたとするなら、時期だと思う。
今回はオメガのシーマスター(クォーツ)のバッテリーがなくなってきて秒針が五秒間隔で動くように
なってきたのと20年選手なので整備に出すことにしました。
これ自体は思い入れのあるモデルで長く使いたいと考えています。

メーカー送りにしてもいいが、古いなどと突き返されたら生きていけない(大げさ)ので
時計の修理専門店に出すことにしてみました。

今回お願いしたいと思ったのは千年堂という店でした。
リンク(http://www.sennendo.jp/

HPをみると、頑張りすぎてむしろ胡散臭いと一瞬(1000ms)思いましたが他のところより
まともなことを言ってる気がしたので期待高まります。
もうちょっとHPの作りこみなんとかなんねぇかな・・・(困惑)

で、先日集荷依頼を出して今日発送したのでここまでの段取りをまとめます。

1.電話かオーダーフォームで申し込みを行う(店頭での受け付けは無いので注意)
2.千年堂からASKULに回収キットのオーダーが入り、配送業者(今回はヤマト運輸でした)が回収キットを持ってくる様子。(発払いなのでお金かかりません)
3.時計を梱包して送り出す。ここの部分はゆうパックでした。
4.しばらくすると見積もりがでるらしいので待つ
5.見積金額を見て、キャンセルする場合は向こうが着払いで送ってくるので配送料を支払ってほしいと
言われたので覚えておこう。ま、依頼主としてここまででお金かかってないからべつに問題ないよね。

IMG_4796.jpg
回収キットの時計を入れる箱はこんな感じでした。


大体2~4万くらいみといてと言われましたが、どうなんでしょうね。
うちの・・・ポンコツなので!(迫真)
あまり気にしたこともありませんでしたが、ref.25628000(ref.2562.80)です。

なんともない普通の感じで戻ってきたらうれしいです。
次は見積もり金額ですね~。ソワソワします。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。